〒501-3861 岐阜県関市小柳町5番地
TEL 0575-21-6020

診療時間:午前9時~12時・午後3時~6時休診日:土曜・日曜・祝日
年末年始休診:12/28(土)~1/5(日)

  

0575-21-6020

新免疫療法

新免疫療法

○新免疫療法とは

近畿大学腫瘍免疫等研究所元教授オリエント三鷹クリニック院長の、八木田旭邦先生が確立された、非特異的免疫療法で、患者様に備わっている免疫力を、人為的に刺激し、向上させる治療法です。

β1-3Dグルカン構造を持つ、キノコ由来成分酵母由来成分の、内服注射により、樹状細胞刺激し、インターロイキン12IL-12)の産生誘導します。IL-12血中濃度上昇すると、キラーT細胞NK細胞NKT細胞活性化し、がん細胞攻撃します。

β1-3Dグルカンにより内因性IL-12誘導する、八木田旭邦先生によるこの発見は、2001年5月に、アメリカ合衆国特許(US6,238,660B1)が取られています。新免疫療法は、近畿大学杏林大学で行われていた、免疫学の基本に基づいた治療法です。

副作用として、腹部膨満感便秘下痢、等の、消化器症状微熱発疹が出現する場合がありますが、重大副作用はほとんど無い、と言っていい程度かと思います。

当院院長は、自らの悪性リンパ腫を、新免疫療法克服しました。この経験を活かし、新免疫療法普及に努めています。

新免疫療法の、無料個別説明会(予約制)を行っています。ご予約を、当院の診療時間内(土曜・日曜・祝日を除く午前9時~12時・午後3時~6時)に、お電話にてお取り下さい。

 

○新免疫療法の治療内容

ILX-K:シイタケ・マンネンタケ由来β1-3Dグルカン

サイトUILY):シママンネンタケ由来β1-3Dグルカン

サイトSSYSP4):海洋酵母由来β1-3Dグルカン

レンチナンLTN):シイタケ由来β1-3Dグルカン

ピシバニールOK432):溶連菌由来免疫賦活剤

 

ILX-KILYSP4内服は、連日行います。

LTN注射、その3日後のOK432内服、はセットで、1週間~4週間に1回のペースで行います。

これらの治療を、適宜組み合わせ、用います。

同時に、継時的にIFN-γIL-12、などのサイトカイン産生能、キラーT細胞NK細胞NKT細胞の比率、各細胞のパーフォリンの比率、等の免疫能血管内皮増殖因子VEGF)、等の血液検査を行い、経過をフォローします。

 

○新免疫療法の実績

これまでに、近畿大学杏林大学オリエント三鷹クリニック、等にて、1万2千人を超える患者様が新免疫療法を受けられています。

新免疫療法を受けられた患者様の、81.3%が、ステージⅢステージⅣの、転移がん進行がんの状態です。

1997年9月~2004年4月の間に新免疫療法を開始された患者様で、腫瘍マーカー変動測定できた1942人のうち、565人(29.1%)に、腫瘍マーカー15%以上低下が見られています。また、94人(4.8%)が、1年以上腫瘍マーカー上昇抑制され、83人(4.3%)が、半年以上腫瘍マーカー上昇抑制されています。

 

○新免疫療法の費用

当院にて行っている新免疫療法では、おおよそ1ヶ月間に、5万円程~14万円程の費用が掛かります。

新免疫療法は、自由診療となります。新免疫療法に掛かった費用は、確定申告の医療費控除の対象となりますので、所得税に応じた還付が受けられます。

お問い合わせはこちら

小林内科

〒501-3861 岐阜県関市小柳町5番地

0575-21-6020

診療時間:午前9時〜12時・午後3時〜6時

休診日:土曜・日曜・祝日

年末年始休診:12/28(土)~1/5(日)